セブンイレブンの冷凍パインを食べた

仕事を終えて夕飯を自炊する気力はないため、基本的にコンビニで買う。

今まで気づかなかったのだが、ふと目に入った冷凍食品のコーナーに冷凍フルーツがいくつか売られていた。冷凍パインや冷凍いちご、冷凍ぶどうなど、ただ凍らせただけのフルーツ。

僕は小さい頃「美味しいものは凍らせるとなお美味しい」と考えていて、みかんやバナナ、プリンやヨーグルト、ジュース等々様々なものを冷凍庫にぶち込みシャリシャリと食べていた。

そんなことを思い出し懐かしくなったので、つい冷凍パインを買ってしまった。原材料名を見ると「パインアップル」のみ。潔い。食べてみると、当然パインアップルの味。薄味だったけれどさっぱりしていて美味しかった。

今度他のフルーツも買ってみようと思う。

正月明け

正月明けは本当にしんどい。仕事も頭が回っていなかった。休みの日だけ一瞬で過ぎ去っていく。

機材

最近作曲をサボっている。別に誰かに頼まれているわけでもないので良いのだが。

DTMを始めて何年も経つと、徐々に機材やソフトが揃ってくる。僕の場合すでに必要な機材は揃っているので、十分に作曲に専念できる環境にはあるのだが、物欲とは怖いもので、「もっといい機材を もっと便利なツールを」と思い、余計な機材のレビューをネットで見て回って時間を潰してしまうことが多々ある。

ただ、機材を集めたところで作曲やミキシングの技術が上がるわけでもなく、「その環境でその曲?」と思われるのも恥ずかしいのでそこで衝動買いを食い止めている。

応援したい時

誰かを応援したい時、むやみに「頑張れ」と言ったところで、当事者は「もう頑張っているし、余計なお世話だ」と思っていそうで強く言えないけれど、何も言わないと「どうでも良いのかよ」とも思われそうで難しい。

頑張れって言葉は自分の応援したい気持ちを相手に押し付けるエゴなんじゃないかと考えたり、じゃあ相手のことを思うって何なんだって考えたり、同じことを中学時代からずっと考えている自分は全く成長していないなと考えたり、頭の中を右往左往している内に、結局答えは出ずに眠りにつく。こんな余計な事いつまで考え続けるんだろうと心配になる。中二病って全く一過性のものじゃない。

 

ただ、どうであれ、良い結果であって欲しいと願うばかりです。

ミニマリスト

引越しの片付けが難航しているが、つくづく物が多いなと思った。ダンボールに運ぶものをまとめる時、食器類や衣類など、ジャンルに分けていくが、どこのジャンルにも属さない奴がいて、そいつらがどんどん溜まっていく。ただ、よくよく考えてみたらそいつらはこれまでに使った試しがなかったものばかりだった。だから思い切っているいらないの判断に迷った奴はなるべく捨てるようにしてみたら、ゴミ袋がどんどん増えていった。捨てるものはあらかた捨てたかと思っていたが、まだまだたくさんあった。これからは引越しごも無駄な物は増やさないようにしようと思った。でも本屋にいくとモノ・マガジンとか立ち読みしちゃう。たまに買っちゃう。

目疲れの悩み

昔からテレビゲームばかりしていても、視力が全く落ちなかったことから、自分は目が良いのだと思っていたが、パソコンを頻繁に使用するようになってから視力がどんどん落ちていった。テレビに比べパソコンは画面を見つめる距離がぐっと近くから、目の疲れもかなり大きい。最近も仕事でも趣味でもパソコンばかり使うから目が疲れてしょうがない。ブルーライトカット眼鏡を使ってみたりもしているけれど、劇的な効果はなく、やはり目は疲れる。何年も前から考えているのだが、自分の脳にケーブルを挿して、パソコンの画面を目を使わなくても見られるようになる時代が早く来てくれないだろうか。そんな時代がいつか来たら、自分の視界一面にグロテスクな映像を送り込むウイルスが流行りそうだ。

終わらない片付け

引越し準備が進まない。のんびりやっていたら一瞬で時間が過ぎてしまう。